入院案内

4F病棟(療養病棟) 岡野師長インタビュー

「創意工夫」

看護学校を卒業し、就職して30年、共立病院ひとすじで働いてきた療養病棟の岡野師長にインタビューしました。

看護体制を充実させたい

日々の多忙な業務の中で看護の質を落とさずに業務が回るよう、以前研修で学んだPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を参考に業務体制を作っています。PNSは看護師がペアで患者さんを受け持ち共同で業務を行い、質の高い看護ケアを提供することを目的とした業務の方式です。PNSは、大学病院などの大きな病院で取りいれているようですが、当病棟では看護師と看護助手に置き換えて運用しています。
療養病棟は、介護度の高い患者さんのケアの業務量が多いです。それらは看護師と看護助手が共同で行うことが多く、パートナー制をとることで情報の共有や業務の分担を行うことで効率的です。技術的な指導も行いやすいので、不安の軽減にもつながります。患者さんにとっても担当スタッフの連携が取れていることで安心感を持っていただけるようです。スタッフがやりがいを持って自分の体力や体調に合わせて長く働ける病棟運営を目指しています。

最期まで寄り添う気持ちで

療養病棟は,慢性的な病状の方が長期間入院されていることが多いです。患者さんやそのご家族とは年単位でのお付き合いになることが殆どで、まるで家族のような感覚になることもあります。長いお付き合いの末、入院中に終末期を迎えられる場合には、徐々に病状が悪化することに対してご本人はもとより、ご家族への説明を、密にするように心がけています。終末期の治療に対する考え方、希望される過ごし方は、その方の人生観にもつながるので、ご本人やご家族に寄り添うような看護を心がけています。人生の最期の瞬間に立ち会わせていただくという気持ちを大切にして、お一人お一人の終末期ケアをより丁寧に行っていきたいと思います。

入院手続き

医師から入院の指示を受けられた方は、受付にて入院手続きをお取りください。
(入院申込書を記入していただきます。)

入院の際、持参するもの

保険証・体温計・印鑑・肌着・洗面用具・ハシ・湯のみ・スリッパ・チリ紙・寝巻
寝巻きは病院でも準備できます。(有料です)
所持品には氏名を入れて最小限にし、不要なものは持参しないでください。

有料個室有料個室について

特別個室8,000円
1人部屋5,000円
2人部屋A2,500円
2人部屋B2,000円

有料個室ご希望の方は、入院受付にてお申し出下さい。

入院諸料金の支払

入院諸料金は、毎月末締切り計算し、翌月初め(6~10日頃)配布しますので、その都度受付にてお支払ください。
尚、退院時は即日お支払いください。

付き添いについて

ご家族の付き添いは原則として認められませんが病状によって医師並びに婦長の許可を受けて、1人に限り付き添うことができます。(子供さん連れは堅くお断りします。)

外出・外泊について

外出、外泊は原則として出来ませんが、やむをえない事情の場合は、事前に許可を受けてください。

食堂・談話室面会について

面会時間は午前9時~午後8時30分です。
風邪をひいている方、又は多人数での面会はご遠慮ください。
面会者は、病棟看護師へお申し出ください。
面会はできるだけ談話室をご利用下さい。病室内での飲食は出来ません。
病状によっては面会をお断りする場合があります。

消灯時間

夏季:午後9時30分/冬季:午後9時
(消灯以後の病院の出入りは硬く禁じます。)

入浴日並びに入浴時間について

入浴時間:午前9時~午後4時
入浴日:男性(月・水・金)/女性(火・木・土)